七五三

七五三はいつやるの?前撮りって何?着物は購入かレンタルか?


七五三って何のためにするの?

七五三」とは、3歳・5歳・7歳を迎えた子供の健やかな成長を願って、神社やお寺にお参りする昔から伝わる日本の伝統行事のひとつです。昔は、幼い子供の死亡率が高かったために、こういう行事が行われていたのです。現在では医学技術も格段に発達して、幼い子供たちも健やかに成長するようになりましたが、それでも子供の健康を願う親の気持ちは昔も今も変わらないことから、この風習だけは今でも受け継がれているんです。

もしかしたら、「そんな迷信のようなことを・・・」とか「そんなことをしなくてもウチの子は元気だから・・・」と笑い飛ばす親もいるかもしれませんが、子供たちの健康を願っているのは両親だけじゃなく祖父母も同じです。特に、お祖父ちゃん・お祖母ちゃんは、孫の七五三のお祝いを誰よりも楽しみにしているはずです。

子供の年齢の数え方は?

日本には、年齢の数え方は「数え年」と「満年齢」の二種類がありますよね。七五三のお祝いをする子供の年齢(3歳・5歳・7歳)は、どう数えればよいのでしょうか?

昔は、「数え年」という考え方が主流でした。つまり、子供が生まれた時が1歳、生まれてから最初のお正月を迎えると2歳という数え方です。したがって、七五三のお祝いも昔はこの「数え年」の年齢でお祝いしていました。でも、現代社会では「満年齢」が主流となってきたことから、最近は七五三も「満年齢」でお祝いする風習が増えてきました。

結局のところ、「数え年」でお祝いしても「満年齢」でお祝いしても、どちらでも構わないということです。中には、同じご家庭で兄弟姉妹を一緒にお祝いするために、上の子供は満年齢で下の子供は数え年でお祝いするっていうケースもあるそうですから、全く堅苦しく考える必要はなさそうです。ただし、子供さんの祖父母とも考え方を統一しておかないと、後々ややこしくなりますから注意してくださいね。

ちなみに、2018年に七五三のお祝いをする子供は以下の通りです。なお、女の子は3歳・7歳で、男の子は5歳でお祝いするのが一般的です。

3歳 数え年[平成28年生まれ] 満年齢[平成27年生まれ]
5歳 数え年[平成26年生まれ] 満年齢[平成25年生まれ]
7歳 数え年[平成24年生まれ] 満年齢[平成23年生まれ]

Sponsored Links

七五三はいつやるの?

ところで、七五三はいつ頃行うものなのでしょうか?ぼんやりと、「秋ごろかなあ」って思っている方は多いかもしれませんが、ほぼほぼそれで正解なんです。

昔は11月15日に3歳・5歳・7歳を迎える子供の健やかな成長を願ってお参りする行事でしたが、最近は、曜日の関係とか家族や祖父母が集まれる日とかに都合を合わせて行っているんです。とは言っても、実際には11月15日前後の土日祝日が多いようですが・・・。でも、あえて混雑日を避けて10月に前倒しで行うケースだって珍しくありません。ここまで来ると「なんでもアリ!?」と思っちゃいますが、概ね10月~11月ぐらいに行えば良いぐらいに思っておけば良いということです。

もう一つ、七五三の時期について押さえておくことがあります。そもそも、「七五三って何をするの?」っていうことと関係してくるのですが・・・。お宮参りをして皆で食事をする日ということなら、神社やレストランに事前に予約する必要があります。また、せっかく着物を着るので記念写真を撮るっていうことなら写真撮影スタジオに予約する必要があります。そして、これを別々の日に行っても良いのです。

実は、最近の主流は、10月~11月ぐらいにお宮参りをする一方で、スタジオでの写真撮影は5~6月に行うというケースが増えているんです。これを「前撮り」とか「早撮り」と言っています。

七五三の前撮りが主流になっている理由は?

七五三の前撮りが主流になっている理由は、いろいろあります。

・スタジオの予約が取りにくいから
・七五三用の着物の新作が5月頃に販売されるから
・宮参りと別の日にしたほうが楽だから
・子供は夏に日焼けするから

実は、全国の3歳・5歳・7歳を迎える子供たちが一斉に七五三の行事をするとなると、一番たいへんなのが撮影スタジオなんです。写真撮影は、一人ずつ時間をかけて行いますから・・・。そういう観点からは、ビジネス的な戦略から写真撮影だけが前倒しになっているような気がします。実際、写真撮影サービスの大手「スタジオアリス」ではGW明けから七五三の前撮りが始まっています。でも、各ご家庭でもメリットがあるなら、その戦略に乗れば良いのでしょう。

Sponsored Links

七五三の着物は購入か?レンタルか?

七五三の写真を前撮りするとなると、その時には着物が必要になります。もちろん、着物までレンタルできるスタジオも増えていますから、そんなに心配することもないかもしれませんが・・・。

でも、七五三の着物や袴を購入するか?レンタルするか?っていうことは、特に出費の面からご家庭にとっては重要な判断ですよね。しかし、これに関しては「間違いなくコチラが良い」ということはありません。どちらにもメリット・デメリットがあるからです。

レンタルの良い点は、出費が抑えられること、クリーニングやお手入れが不要で、保管スペースも必要ありません。しかし、着物が使用できるのはせいぜい2~3日と短いうえに、シーズン初めに早く予約を入れないと人気の着物や新作の着物はスグに他の人の予約でいっぱいになってしまいます。

一方、購入の良い点は、スケジュール調整の制約が少なくなり自由度が増えます。さらに、兄弟姉妹にも使える、正月や節句のお祝いにも使えるといったメリットがあります。しかし、レンタルよりも出費がかさみ、手入れの手間や保管スペースも必要となります。ただ、最近は綺麗に使えば、子供が成長して切れなくなった時に転売するという方法もありますから、あながちデメリットが大きいわけでもありません。

いずれにしても、両方のメリット・デメリットを天秤にかけて各ご家庭の事情に合わせて決めて下さいね。そして、購入であれレンタルであれ、5~6月頃の早い時期に動き始めることをオススメします。

七五三で着る母親の着物は?

七五三の主役は子供です。その主役が着物でビシッと決めているわけですから、ご両親も脇役に相応しい装いをしたいものですよね。ご両親の服装は、もちろん洋装でも構いません。実際、父親はスーツ姿が圧倒的に多いようです。だも、母親は着物を着たいと思う方も多いようです。

ところで、七五三では母親はどんな着物を着るのが良いのでしょうか?冠婚葬祭とはちょっと違うので、あまり格式ばる必要はないのですが、かと言って、小紋のようなカジュアルな着物もふさわしくありません。一般的に多いのは、訪問着、付け下げ、色無地が良いと言われています。個人的には、訪問着をオススメします。

ただし、七五三の主役は子供ですから、子供の着物と色・柄がかぶったり、子供より目立つものは避けたほうが良いと思います。脇役として、少し控えめな色・柄、また、秋らしい萩・紅葉・撫子のような柄が好まれるようです。

Sponsored Links

三松・しゃら 七五三着物

和服専門店の老舗「三松」の七五三用着物をご紹介します。画像又は画像下のテキストをクリックしていただくと、詳細情報がご覧いただけます。


MGOS【ミマツグループオンラインストア】

三歳・女の子用

三歳・女の子のお祝着は、赤ちゃんの時は剃っていた髪を伸ばし始めますという儀式「髪置(かみおき)」に由来しています。晴れ着に兵庫帯をしめ、被布(ひふ)という上着を着るのが一般的です。足元は草履をはきます。

3歳被布セット Blythe ブライス 赤(着物はピンク)


3歳被布セット Blythe 赤 \86,400税込

格式高い古典的な雰囲気と代的なモダンなニュアンスを合わせ持つ、女の子の成長を祝う七五三に相応しい上品で華やかな着物です。可愛らしいブライスドールが、女の子の成長と幸せを願って、応援してくれています。

3歳被布セット Blythe ブライス ピンク(着物は黄色)


3歳被布セット Blythe ピンク \86,400税込

格式高い古典的な雰囲気と代的なモダンなニュアンスを合わせ持つ、女の子の成長を祝う七五三に相応しい上品で華やかな着物です。可愛らしいブライスドールが、 女の子の成長と幸せを願って、応援してくれています。

3歳被布セット 水色


3歳被布セット 水色 \19,440税込

さわやかな水色に、元気さの象徴・毬と華やかな桜が描かれています。かわいいお花の刺繍入りの半衿と、赤い重ね衿がアクセントです。

3歳被布セット ピンク


3歳被布セット ピンク \19,440税込

明るいピンク地に、元気さの象徴・毬と華やかな桜が描かれています。かわいいお花の刺繍入りの半衿と、赤い重ね衿がアクセントです。

3歳被布セット 赤


3歳被布セット 赤 \19,440税込

こちらは桜や菊、牡丹などの花尽くしの着物で、かわいいお花の刺繍入りの半衿と、黄緑色の重ね衿がアクセントになっています。

Sponsored Links

五歳・男の子用

初めて袴を身に付けて大人への階段を登り始める節目「袴着(はかまぎ)」に由来する衣装です。大人の男性と同じように羽織袴の正装スタイルです。羽織にはおめでたい柄や男の子らしい勇壮な柄が描かれ、元気にたくましく育って欲しいという願いが込められています。

5歳の羽織袴セット 黒


5歳の羽織袴セット 黒 \24,840税込

大空に羽ばたく鷹を、羽織の背中に大きく描いた5歳男の子用お祝い着です。鷹のように勇敢に、たくましく育ってほしい・・・との願いを込めて。

5歳の羽織袴セット 黒


5歳の羽織袴セット 黒 \24,840税込

大空に羽ばたく鷹を、羽織の背中に大きく描いた5歳男の子用お祝い着です。鷹のように勇敢に、たくましく育ってほしい・・・との願いを込めて。

5歳の羽織袴セット 青

5歳の羽織袴セット 青 \24,840税込

背中に勇壮な兜を大きく描いた5歳男の子用のお祝い着です。強くたくましく育ってほしい・・・との願いを込めて。

5歳の羽織袴セット 黒


5歳の羽織袴セット 黒 \24,840税込

背中に勇壮な兜を大きく描いた5歳男の子用のお祝い着です。強くたくましく育ってほしい・・・との願いを込めて。

Sponsored Links

七歳・女の子用

七歳になると大人の女性と同じように帯を締めるようになります、という儀式「帯解(おびとき)」に由来する、大人の振袖姿とほぼ同じ正装をします。はこせこや末広(扇子)をあしらった小さなお嫁さんのような装いが愛らしいですね。後ろに垂らす飾り帯「しごき」がアクセントになっています。

7歳の着物 Blythe ブライス イエロー


7歳の着物 Blythe イエロー \84,240税込

格式高い古典的な雰囲気と代的なモダンなニュアンスを合わせ持つ、女の子の成長を祝う七五三に相応しい上品で華やかな着物です。

7歳の着物 黄色


7歳の着物 黄色 \34,560税込

上品なクリーム地に、元気よく弾む毬と桜の花を描きました。裾の部分の赤に合わせた重ね衿が、コーディネートのポイントです。重ね衿つきで、長襦袢もセットになっています。お好みの帯、小物合わせでお嬢様にぴったりのコーディネートでおでかけください。

7歳の着物 水色


7歳の着物 水色 \34,560税込

御所車や扇面といった、上品で雅やかな柄の7歳女の子用お祝い着です。水色の地色が、ちょっとおしゃまな女の子にぴったり♪衿元は赤の重ね衿で華やぎをプラスしました。重ね衿つきで、長襦袢もセットになっています。お好みの帯、小物合わせでお嬢様にぴったりのコーディネートでおでかけください。

7歳の着物 ピンク


7歳の着物 ピンク \34,560税込

橘や桜、松などいろいろなモチーフをたくさん描いた華やかな着物。女の子らしいピンクが、7歳のお祝いにぴったりです。赤の重ね衿で、お顔周りも明るく。重ね衿つきで、長襦袢もセットになっています。お好みの帯、小物合わせでお嬢様にぴったりのコーディネートでおでかけください。

7歳の着物 赤


7歳の着物 赤 \34,560税込

鶴や松竹梅など、おめでたい柄をたっぷり描きこんだ7歳女の子用お祝い着。鮮やかな赤地の着物は、お写真映えもバッチリです♪ひわ色の重ね衿がアクセントに。重ね衿つきで、長襦袢もセットになっています。お好みの帯、小物合わせでお嬢様にぴったりのコーディネートでおでかけください。

三松グループ・オンラインショップへはコチラからどうぞ。


MGOS【ミマツグループオンラインストア】

Sponsored Links