着付け

浴衣の着付け!一人でも簡単に着こなすポイントを解説!


浴衣を一人で着れるようになりたい!

夏になる花火大会・夏祭りなどで浴衣を着てお出かけすることも多くなりますよね。
そんな時、アナタはどうしてますか?
お母さんに着付けを手伝ってもらうという方や近くの美容院で着付けをしてもらうという方が多いようですが・・・、一人で綺麗に着こなしてみたいと思いませんか?

「一人で浴衣を着るのは難しい!」と思いがちですが、慣れればとっても簡単に思えてくるものです。そのうえ、一人で浴衣が着れるようになれば、いろんなメリットがあるんです!例えば・・・

・着付け代がかからない。
・着付けの時間の制約がない。
・浴衣を着てお出かけする機会が増える。
・旅行先でも浴衣を着て街を散策できる。
・家族や友人の着付けを手伝ってあげられる。

つまり、何の制約もなくいつでもどこでも浴衣をオシャレ感覚で楽しめるっていうわけなんです。どうですか?いいことばかりでしょ!
そこで、今回は、「誰にでも15分で着こなせる浴衣の着付け」をご紹介します。もちろん、慣れるまでは15分では難しいかもしれませんが・・・。その気になれば、出来てしまうものです。是非、今年の夏はチャレンジしてみてくださいね!

Sponsored Links

浴衣を着る前に用意するもの

浴衣      夏向きの薄手の生地で仕立てた裏地のない着物がオススメ。

半幅帯     結び方で変化がつけやすい半幅帯がオススメ。

衿芯      クリアファイルくらいの薄く柔らかい素材のものがオススメ。

帯板      帯板はメッシュ素材がオススメ。

腰紐3本    仮紐・腰紐・胸紐として使う。

伊達絞め    伊達締めで、おはしょりを整えます。

ゆかたスリップ 後ろが広く開いたものを選ぶこと。肌襦袢+裾よけでもOKです。

和装ブラ    上から押さえつける機能のブラがベスト。ワイヤー入りブラはNG。

浴衣の着付けステップ

1 左右を均等にし、裾(すそ)の長さを決める

左右それぞれの手で衿(えり)のつなぎ目を持ち、体の正面の中心でピッタリ合わせます。これで左右の身頃が均等に揃います。この時、後ろの背縫い線が背中の中央にきていることを確認してくださいね。

衿先を持って、裾(すそ)を一度持ち上げてから水平に下ろし、裾がくるぶしが見えるか見えないかぐらいの位置で止めます。

2 上前の位置を決め、裾(すそ)を合わせる

左身頃(上前)の端が、右側面の一番出っ張っている部分をギリギリ隠すように上前の位置を決めます。この時、浴衣がお尻から離れないように右手で調整します。

上前の位置を決めたらいったん左手を開いて前を開け、下前のつま先が裾から10センチくらい上がるようにして、右手を左腰骨の方向へ持っていき下前をかぶせます。次に、右手を離しながら左手の上前を体の右側に合わせます。

3 腰紐を絞める

2で左手が右の腰骨のあたりを押さえた状態のまま、右手で腰紐の中心を取って上から当て、左手で紐を左脇へ滑らすように当てます。この時、腰紐のベストポジションは、腰骨の2~3センチ上、ウエストのちょっと下あたりです。

前から後ろに腰紐を回し、後ろで交差させたら左右の手に持ち替えてから一度ぎゅーっと絞め、緩まないように前で結びます。紐の先は回した紐に挟んで始末します。

4 おはしょりをキレイに整える

両脇の身八ツ口(身頃の脇あき)から両手を背中のほうに差し入れ、背骨に沿って指を落とし、左右に切り開くように滑らせて、後ろのおはしょりをキレイに整えます。

左手は脇の開きに入れたまま内側から、右手は外側の衿を持ち、喉元、胸、おなかの順にしっかり左右に引き、前身頃のおはしょりをキレイに整えます。同時に、衣紋をこぶし1個分程度抜きます。

5 衿(えり)を合わせ、きものベルトを締める

衿元の喉のくぼみが隠れる位置で衿を合わせます。バストトップより上の同じ高さで衿を左右に引き、75~90度ぐらいの角度で合わせるのがキレイに魅せるコツです。衿元が緩まないように、きものベルト(又は胸紐)を絞めます。

背中の縫い目を紐のすぐ下のところで持ち、両手でぐーっと下に引きます。さらに肩甲骨の下と脇も左右対称にしっかりしたに引いて背中のたるみを取ります。

6 伊達絞め1

バストの下に伊達絞めをあて、後ろで交差させて前へ持ってきます。伊達締めはきつく締めすぎないようにして下さい。

7 伊達絞め2

伊達絞めを前で結んで、紐の先は伊達絞めの中にしまい込みます。

8 キレイに整える

余分なシワやたるみを整えます。おくみ線がおはしょりから裾まで揃うように、上前を整えます。おはしょりの長さは、伊達絞めの下線から指4本程度出るとキレイです。余分な長さの分だけ上に持ち上げ、おはしょりの下線が真っすぐになるように整えます。

Sponsored Links

帯締めのステップ

浴衣帯の代表的な「文庫結び」のステップをご紹介します。

1-2

「手」を50センチ程度取っ手折り目が下になるように半分折ります。反対側の残りの部分は「たれ」と言います。

「手」を右肩にあずけ、交差部分を押さえながら帯をひと巻きします。

3-4

帯をもうひと巻きし、帯板を背中に来るように挟み込みます。この時、帯板を差し込むのが難しければ、最後に差し込んでも良いでしょう。

「たれ」を右サイドから斜めに折り上げ、胴の真ん中で二つ折りになるようにします。

5-6

そのまま「手」をたれにかぶせるように、ひと結びします。左右にひいてしっかり絞めましょう。

「手」と「たれ」を縦にして結び目を固定しておきます。

7-8

「たれ」の先から、肩幅分くらいの長さで折りたたみ羽を作っていきます。

帯の結び目が中央に合うように、羽を整えます。

9-10

羽の中央に山ひだ(W型)を作り、しっかりと押さえます。

「手」をおろし、ひだの上にかぶせて結び目の下に通し、上にぎゅっと引き上げます。

11-12

余った「手」を帯の間を通して下に引きます。

下から出た「手」を引いて羽を安定させたら、余分な部分は折って帯の中にしまいます。

13-14

ひだを開くようにして、羽の形を整えます。

右手で結び目の上、左手で後ろの帯の下側を掴み、そのまま帯を右回りに180度回転させます。この時、少しずつ回すよりも、なるべく一度に回したほうが着崩れしません。

15-16

結び目が背中の中心にきているかを確認し、再度、羽の形を整えます。

以上で、文庫結びの完成です。

Sponsored Links

着付けができる美容室の探し方

今回は、一人でも着れる浴衣の着付け・帯締めのステップを解説してきました。そうは言っても、「美容室で着付けとヘアセットをして欲しい!」という方も多いのではないかと思います。

美容室で浴衣を着付けしてもらう最大のメリットは、ヘアメイクも一緒にしてくれるということです。最近は、それ以外にも浴衣のレンタルやネイルまでしてくれる美容室があるそうですから、浴衣デートにはとっても嬉しいですよね!

そんな女性に耳よりの、日本全国で最寄りの着付けをしてくれる美容室の探し方をご紹介します。それは、国内最大級のヘアサロン・リラク&ビューティーサロン検索・予約サイト「ホットペッパービューティー」です。

検索方法は、「エリアから探す」「日付・開始時刻から探す」「クーポン・メニューから探す」「スタイリストから探す」といろんな検索が可能です。さらに、「こだわり条件を追加」で「着付け」にポチッとして検索すれば、着付けをしてくれる美容室が簡単に検索できます。気に入った美容室が見つかれば、予約まで出来ちゃうんです!お得なクーポンなんかもあったりして、とっても便利でお得です。


【ホットペッパービューティー】人気のヘアサロン検索

浴衣を通販で購入するなら「三松」で!

三松」は、創業85周年の老舗呉服店です。伝統美を守りながらも常に新しさを感じさせる着物、振袖、帯、和装小物、浴衣を取り揃えた呉服専門店です。最近は、三松グループに斬新でオシャレなデザインが話題のブランド「ふりふ」が若い女性に大人気なんですよ。

そんな着物ブランドとしてスタートした「三松」は、今では全世代の様々な嗜好をもつ女性に着物・ドレス・ジュエリー・カジュアルアパレルと多岐にわたるカテゴリーをラインナップしてライフスタイルを提案しています。 

最近では、「ふりふ」のインブランド「Natural Furifu」という新たなブランドが登場しています。音楽記号のナチュラルとナチュラルの持つ自然なイメージを大切に、おしゃれで着やすい、和テイストのラインナップです。

浴衣「イチマツバキ」


浴衣「イチマツバキ」 \17,064税込

浴衣「丸菊」


浴衣「丸菊」 \17,064税込

浴衣「あじさいボーダー」


浴衣「あじさいボーダー」 \17,064税込

浴衣「ひまわり」


浴衣「ひまわり」 \17,064税込

浴衣「紙風船」


浴衣「紙風船」 \17,064税込

「三松」の公式オンラインストアへはコチラからどうぞ。


MGOS【ミマツグループオンラインストア】

Sponsored Links