着物姿

板野友美がお雛様の和装姿で新曲「Just as I am」を熱唱!


板野友美が和装姿で新曲を発表

歌手や女優として活躍している板野友美が、2018年3月3日、東京・ららぽーと豊洲で通算10枚目となるシングル「Just as I am」の発表記念イベントを行いました。この日は、桃の節句ということで、板野友美は華麗なお雛様の衣装を着て登場しました。

今回発表したシングルは、写真集「Wanderer」との連動企画なんだそうです。「自分らしさ」を共通のコンセプトとしてソロデビューからの7年間を振り返りながら一人の女性として向き合い、自身の思いを歌詞にしてメロディに落とし込み、そのイメージのもとで写真集とMVを埼栄したそうです。これまでのダンスナンバーとは一線を画し、アコースティックギターが印象的なバラードナンバー「Just as I am」と、新たな板野友美をのぞかせるロックナンバー「Show time」が収録されています。

小春日和となったこの日の会場の野外ステージに、桃の節句にちなんだ和装姿で登場した板野友美は、大勢の観衆の歓声を浴びながら登場しました。

ちなみに、板野友美さんは着物を着るのが2回目だとか。和装とロックという普通ではなかなか相いれない組み合わせに、板野さんも「動きずらかった」と感想を漏らしていました。

Sponsored Links

自分と向き合った・・・

板野友美さんは、10枚目という節目のシングルの制作にあたり、自分らしさを紐解くために自分宛てに手紙を書いたことを明かしました。手紙を通じて自分と向き合ったことで「今まで見えなかったものが見えてきた。自分らしさがわかった気がした。」ことも明かしました。

Just as I am (初回限定盤 CD+DVD) [ 板野友美 ]


Just as I am (初回限定盤 CD+DVD) [ 板野友美 ]

AKB48在籍時にファースト・シングル「Dear J」で鮮烈なソロデビューを果たし、グループ卒業以降も着実にリリースを重ねてきた板野友美の記念すべき通算10枚目のシングルがリリース決定!
従来のダンス・ポップ路線とは一線を画す、等身大の女性の内面の葛藤を描いたバラードを収録。

[Disc1]『Just as I am』/CD
アーティスト:板野友美
曲目タイトル:
1.Just as I am[4:20]
2.Show time[3:32]
3.Just as I am (Instrumental)[4:19]
4.Show time (Instrumental)[3:32]

[Disc2]『Just as I am』/DVD
アーティスト:板野友美
曲目タイトル:
1.Just as I am (Music Video)[-]

そんな思いで撮影に臨んだ写真集については、「自分らしさを探しに行くということで、ロスで撮りました。一人旅をしているような自然な感じで、撮影されているというよりかは、自分と向き合う時間を楽しんだり、風景を見て感じたままの表情や感じたままの自分をそのまま写していただきました。それが今までと違うと思う。」と語っていました。

手紙にしたためた思いを反映させた歌詞については、「この歳になるといろいろな選択肢が増えると思うんです。人生の岐路に立った時にどうやって選択していくのか、将来の自分を想像しながら選択するのは難しい。だけど、自分らしい選択をするのが良いのではないのか、同世代にも共感をもって欲しいと思って書きました。思いが詰まっていますし、届けばいいな。私自身の背中も押せたらいいなと、ありのままで書けたかなと思います。」と語りました。

板野友美 写真集 「Wanderer」 [ アンディ チャオ ]


板野友美 写真集 「Wanderer」 [ アンディ チャオ ]

AKB48卒業以来初の写真集として、大きな反響を呼んだ『release』発売から半年。アーティストのみならず、女優として活動の幅を広げている板野友美は今、何を思うのかーー。その「答え」が、この最新写真集には詰まっています。「自分らしさを追い求める旅」をテーマに、写真集ロケは夢追う者たちが集うアメリカ・ロサンゼルスへ。見渡す限りの荒野、水面きらめく広大な海岸、ポップでレトロ感溢れるダイナーなどを舞台に、様々な表情を見せる自然体な彼女を、余すところなく撮影。さらに本作では、ファン垂涎の下着姿も写真集では初披露!よりアーティスティックな、よりセクシーな魅力に酔いしれる珠玉の一冊です。

【板野友美コメント】
~写真集&シングル制作連動へ込めた思い~
今回、新たな試みとして、写真集とシングルで作品のコンセプトを共有して制作しています。作品を制作するにあたり、写真集では、情景を見て思ったことや感じたこと、その瞬間の“ありのままの自分”を撮っていただきつつ、楽曲の歌詞を頭に浮かべながら、時には楽曲を聴きながら撮影に挑んだシーンもありました。最終日には感情が高ぶって涙が流れた瞬間もあり、写真集にはそのカットも収録されています。写真、楽曲、映像(MV)と多角的に表現することに挑戦しましたので、ぜひ、写真集とシングル両方を手に取って作品を楽しんでいただきたいです。

Sponsored Links