着物姿

石原さとみが着物姿で映画「忍びの国」ヒット祈願!


石原さとみさんが着物姿で映画「忍びの国」ヒット祈願

2017年6月26日、東京の浅草寺の伝法院で、7月1日から封切りとなる映画「忍びの国」の大ヒット祈願イベントが行われました。
出席したのは、キャストの大野智さん、石原さとみさん、伊勢谷友介さん、鈴木亮平さん、監督の中村義洋さんです。

浅草寺の伝法院は、国の重要文化財に指定されていて、普段は入ることができないところです。芸能人の方々は役得ですね!

この日、キャストの皆さんは和装で出席、特に、石原さとみさんは真っ赤な振袖がとっても艶やかでした。

映画「忍びの国」の撮影でも始終着物姿だったそうですが、石原さんは「着物自体は好きなので、そんなに違和感はなかった」そうです。でも、夏の撮影となると「暑くて大変で。洋服だったらちょっと緩めるとか着替えるとか簡単なんですけど、着物の場合ってなかなかむつかしいので」とたいへん苦労したようです。着物を脱いだ時には、首から下が汗でビッシャビシャだったことも披露していました。

Sponsored Links

映画「忍びの国」の作品紹介

原作は「のぼうの城」「村上海賊の娘」で知られる和田竜さんが知る人ぞ知る史実に光をあてた同名小説です。


忍びの国 (新潮文庫) [ 和田竜 ]

出演は、伊賀一の忍びながら妻には頭があがらない主人公・無門(むもん)の役を大野智さんが演じます。
また、無門が唯一、心を許す最愛の妻・お国役を石原さとみさん、心技体に優れる織田信長軍最強の武将・日置大膳の役に伊勢谷友介さん、物語のカギを握る忍び・下山平兵衛役に鈴木亮平さん。さらに、國村隼さん、立川談春さん、知念侑李さん、マキタスポーツさんら豪華キャストが脇を固め、日本を代表する名優・山﨑努さんがナレーションを担当しています。

主題歌は、が時代をつなぐ一途な愛を歌い上げるラブソング「つなぐ」。
そして、監督は「殿、利息でござる!」「予告犯」で知られる実力派の中村義洋さんです。

巨大なスケールとド派手なアクションと頭脳戦。そして、物語に貫かれる忍びの愛。今まで誰も見たことがない戦国エンターテインメント超大作です。

Sponsored Links